テレビCMなどイメージ広告からDMなどの売る広告へ DRMとは? - ネット副業で1から簡単に儲ける方法

テレビCMなどイメージ広告からDMなどの売る広告へ DRMとは?

DRM.jpg


この本でダイレクトマーケティングという

言葉を知りました。

ダイレクトマーケティングの生みの親であり、

広告界の伝説的存在でもあるレスター・ワンダーマンが、

ネットマーケティングが注目を浴びてなお、

本当に効く普遍的なマーケティングの真髄とは

何かを明らかにした一冊。

日本では広告というと、テレビ・新聞・雑誌・ラジオ

などのイメージ広告が一般的だと従来は考えられて

いました。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングは通販会社では

普通に行われていましたが、一般的には広まって

いませんでした。

この本をきっかけにして日本でもDRMが広がったとも

いえるでしょう。

インターネットの発達とともにDRMはさらに普及していくことに

なります。



ポチっと一押しお願いします。
↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking


ネット副業で1から簡単に儲ける方法 の全記事一覧
ダイレクトマーケティングの父、ワンダーマンが語る
マーケティングの本質とは?

ネットマーケティングが注目を集める今だからこそ、
普遍的なダイレクトマーケティングの本質をとらえる
ことが大きな意味を持つわけです。

今日のDRMの基となる「直接顧客からの反応を得る」
「計測ができる」マーケティングとして、

著者・レスター・ワンダーマンは、
世界で初めてダイレクトマーケティングという言葉を
提唱しまた広告界の伝説的存在です。


時代とともにネットマーケティングが注目を浴びてなお、
応用が利く普遍的なダイレクトマーケティングのエッセンスとは何か?

 彼がその半生を回顧しながら、
ダイレクトマーケティングが形作られた原点を解き明かす。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kj40ic15.jp/tb.php/38-2914d0a2