FC2ブログ

無頼派作家・西村賢太からアフィリエイトを考える - ネット副業で1から簡単に儲ける方法

無頼派作家・西村賢太からアフィリエイトを考える

西村賢太


西村賢太という無頼派芥川賞作家がいる。

芥川賞受賞の記者会見で「風俗に行こうと思ってました」というあぶない人だ。

彼の小説は、本人をモデルとした主人公が愚行を繰り返す物語が多くある。

本人自身も一時期よくテレビに出て、不遇時代のことを語っていた。

「金を持っていなかったからささいなことでイライラして喧嘩していた。

今は『金持ち喧嘩せず』でまったくもめない」


まさしく、「貧すれば鈍す」ということで貧乏なのが諸悪の根源というわけ。

当たり前だが、小説家も本が売れないとお金が入ってこない。

売れなければ、生活していけないわけである。


自分が死んでからいかに文学的に評価されても現状の生活はよくはならない。

大体、文学的な評価といってもそれは先輩の作家だったり、

編集者が判断するもので、客観的なものではない。


客観的評価でわかりやすいのは、ベストセラー、売れた本だろう。

古典と言われている本も当時はベストセラーだった。

又は、長い年月に渡り多くの人に評価されていった。

そうでないと今まで残っていない。


広告文も文学作品も人を引き付け、心を動かすものでないと、購入という

行動には至らない。

アフィリエイトは、売れたことによって収益が発生するしくみだから、

結果がわかりやすい。

読み手がいい文章だと感じても購入という行動を起こさなければ、

紹介したアフィリエイターに収入は入らない。

それが大手企業のイメージ広告との違いであり、広告文としては、

公正でシビアな競争にさらされているとも言える。


しかし、ものが売れるしくみ、人が行動する心理がわかってくれば、

お金を稼ぐことに苦労しなくなりあなたの人生は劇的に変わる


人生を変えてしまう商材はこちら↓




ネット副業で1から簡単に儲ける方法 の全記事一覧
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kj40ic15.jp/tb.php/84-f4ca5a64