ドラマからアフィリエイトを考える - ネット副業で1から簡単に儲ける方法

ドラマからアフィリエイトを考える

恋仲


妻と娘たちが見ているフジテレビ月曜9時のドラマ

初回と2回目の視聴率が悪いとネットでは話題になっていた。

ドラマの内容はどうかわからないし、評価できるほど見ていない。

ドラマの内容そのものではなく、ストーリーの終わり方、次回へのつなげ方

が非常に参考になった。

ドラマを見ていた娘たちがこう言った。

いつもいい所で終わる。続きが見たいのに1週間後イライラする」

このやり方はうまい。

じらし戦法である。次の放送を見たい気にさせる。

ティーザー広告と呼ばれるものがある。

どんなにいいものかと期待させる

アフィリエイトも同様だ。

アフィリエイターは、見込み客がどうしてもこれが欲しいと思う特典つけて売る

見込み客の感情を揺さぶる作戦というべきか。

じらされるとどうしても見たくなる。

テレビ番組・映画の予告編でもこのやり方はとられている。

どうしても続きが見たくなるような内容にする。

最後まで見せない。

観客に想像させてどうしても見たく思わせる。

商品・サービスの販売としては定番である。

見込み客にまず、見てもらう、使ってもらう、体験してもらう。

満足してもらって購入してもらえばクレームや返品は少なくなる。

見込み客の期待を上回るものを提供すれば、顧客満足度が増して、

リピートしてくれる確率も高くなる。

リピートしてくれる顧客が多くなれば、新規の集客に費やす広告費を

既存顧客のサポートに回すことができるため、顧客満足度がさらに増す。

このようにして販売者も顧客ともにWIN-WINの関係を築けるわけである。

ティーザー


ネット副業で1から簡単に儲ける方法 の全記事一覧










関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kj40ic15.jp/tb.php/98-65bffcd3